明石市 自己破産 弁護士 司法書士

債務・借金の相談を明石市在住の人がするならコチラ!

借金返済の悩み

借金の問題、多重債務の悩み。
お金・借金の悩みは、自分だけでは解決が難しい、深い問題です。
しかし、弁護士・司法書士などに相談するのも、ちょっと不安になったりする、という方も多いでしょう。
このサイトでは明石市で債務・借金のことを相談するのに、オススメの法律事務所や法務事務所を厳選して紹介しています。
インターネットを使って相談できるので、初めて相談する方でも安心です。
また、明石市の法務事務所・法律事務所もいくつか紹介しているので、そちらも参考にどうぞ。

借金や自己破産の相談を明石市在住の人がするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

明石市の借金返済解決の相談なら、この事務所がオススメです。
弁護士対応で、全国に対応している弁護士事務所です。
初期費用が0円なので、手持ちがなくても安心です。
代金の支払いは、分割払いの対応も可能です。
弁護士への相談料金ももちろん0円!
借金督促のストップも可能です。
過払い金、自己破産、個人再生、任意整理、など、借金や債務の問題について相談できます。。
しかも、窓口では365日24時間、いつでも受付OKです。
フリーダイヤル(通話料金0円)で相談受付が可能なので、お金に困っている人も今すぐ電話受付ができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今スグ!電話受付OK!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性におすすめ!)
全国に対応している、過払いや借金の問題を相談できる法務事務所。
任意整理、自己破産、個人再生などなど、あなたに適したやり方で、どうにもならない借金問題を解決していきます。
また、過払い請求は初期費用0円、取り戻した過払い金から支払を清算できます。
任意整理でも、減額報酬・和解成功報酬などは一切取らないので、お得に解決することが可能です。
債権者数が1、2件でも対応してくれるのも助かります。
女性専用の相談窓口(借金返済相談)も用意されているので、女性の方も安心です。
まずは気軽に無料相談を。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが丁寧に対応してくれる、女性専用の相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

ココも全国に対応している司法書士事務所なので明石市にお住まいの方も相談OKです。
こちらの司法書士事務所は、テレビやラジオへの出演、雑誌などでの執筆など、メディアにも多数取り上げられています。
人情派の司法書士とも呼ばれる代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を6回も映画館に観に行き、その度に号泣してしまうほど涙もろい人柄。
債務整理の料金は分割払いが可能なので安心です。
家族や職場にバレないよう徹底配慮をしてくれます。
借金返済の問題は、一人で悩まず、まずは無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



他の明石市近くの弁護士や司法書士の事務所を紹介

明石市には他にも複数の司法書士や弁護士の事務所があります。これらも参考にしてみてください。


●糸山司法書士事務所
兵庫県明石市大明石町2丁目6-3
078-914-5000

●池田隆行法律事務所
兵庫県明石市山下町13-11 米澤ビル 1F
078-913-3525

●多聞司法書士事務所
兵庫県明石市大明石町2丁目4-23 多聞ビル 1F
078-917-2033

●戎みなとまち法律事務所
兵庫県明石市 小久保2丁目1-1 YSビル5階501号室
078-962-5700
http://minato-machi.jp

●あうる司法書士事務所
兵庫県明石市大明石町1丁目13-7
078-917-9188
http://owloffice.net

●ふじもと法律事務所
兵庫県明石市相生町1丁目2-34
078-917-7481
http://ocn.ne.jp

●明石の相続なら | 阿部心一司法書士事務所
兵庫県明石市本町1丁目7-1
078-911-7724
http://abe-office.biz

●筧法律事務所(弁護士法人)
兵庫県明石市相生町1丁目2-34
078-917-5585

●田中隆司法書士事務所
兵庫県明石市小久保2丁目2-13 山田ビル 2F
078-928-8300

●ランチェスターマネジメント明石
兵庫県明石市大明石町1丁目9-26 コーポタカハマ 4F
078-917-1400
http://ekeiei-no1.com

●明石総合法律事務所
兵庫県明石市本町1丁目1-28 明石今橋ビル4F
078-915-1301
http://akashi-law.com

●明神法務事務所
兵庫県明石市樽屋町20-21 アキサダ・ビルアキサダ・ハイツ 2F
078-913-3097
http://meisin-law.jp

●川村司法書士事務所
兵庫県明石市花園町3-3 西明石ヤングビル402号室
078-962-4077
http://office-kawamura.com

●ハピネス鈴木司法書士事務所
兵庫県明石市小久保2丁目1-4 コトブキビル2F
078-926-0400
http://ocn.ne.jp

●北谷司法書士事務所
兵庫県明石市 大明石町2丁目8番11号 有希ビル2階
078-914-8182
http://office-kitatani.jp

●伊藤司法書士事務所
兵庫県明石市和坂12-19
078-962-5906
http://ito-zimusyo.com

明石市にある地元の法律事務所や法務事務所に行き、直接相談するのもアリです。
ですが、「診断シミュレーター」やネットでの無料相談の方が、手軽に気軽に相談できるという方も多いのではないでしょうか。

借金に明石市に住んでいて弱っている場合

キャッシング業者やクレジットカードの分割払い等は、かなり高い利子が付きます。
15%〜20%も利子を払うことになってしまうのです。
住宅ローンの場合だと年間0.6%〜4%くらい、マイカーローンでも年間1.2%〜5%ほどですから、ものすごい差があります。
しかも、「利息制限法」でなく「出資法」をもとに利子を設定するような消費者金融だと、金利がなんと0.29などの高利な利子を取っていることもあります。
非常に高額な利子を払いつつ、借金は膨らむばかり。
借金をしたのは自分の責任なので仕方ありませんが、高利な利子で額も多いという状態では、完済は難しいでしょう。
どう返せばいいのか、もはや何も思い付かないのなら、法務事務所や法律事務所に相談するしかないでしょう。
弁護士や司法書士なら、借金を返す解決策を見つけてくれるはずです。
長期の返済計画になるかもしれないですし、過払い金返還で返済金額が減額するのかもしれません。
まずは相談、これが解決するための始めの一歩です。

明石市/借金の減額請求とは?|自己破産

多重債務などで、借り入れの返済が滞った実情になった時に効果的な進め方の一つが、任意整理です。
現在の借入れの状態をもう一度確かめてみて、過去に利息の支払いすぎなどがあったなら、それを請求する、もしくは今の借金と相殺をして、なおかつ現状の借入に関して将来の金利を減額してもらえる様にお願いできる手法です。
ただ、借金していた元金については、しかと返済をしていくことがベースであり、利息が減額になった分だけ、前よりも短期での返済が土台となってきます。
ただ、金利を払わなくていい分、月ごとの払い戻し額はカットされるから、負担が減る事が一般的です。
只、借り入れをしてるローン会社などの金融業者がこの今後の利息に関しての減額請求に応じてくれなきゃ、任意整理は不可能です。
弁護士の先生などその分野に詳しい人に頼んだら、絶対に減額請求ができるだろうと思う人もかなりいるかもわからないが、対応は業者によって種々であって、応じない業者もあります。
ただ、減額請求に応じてくれない業者はすごく少数です。
従って、現実に任意整理を実施して、信販会社などの金融業者に減額請求をやることで、借り入れの心配事がかなり少なくなると言う人は少なくないでしょう。
実際に任意整理が可能か、どれ位、借入の支払いが軽減するかなどは、先ず弁護士の先生に相談することがお勧めなのです。

明石市|自己破産にはどんなリスクがあるの?/自己破産

はっきし言って社会一般で言われるほど自己破産のリスクは多くないです。土地・マイホーム・高価な車等高価格な物は処分されるのですが、生活していくうえで必要なものは処分されません。
又20万円以下の預貯金も持っていても問題ないです。それと当面の間数カ月分の生活に必要な費用が百万円未満なら持って行かれることは無いでしょう。
官報に破産者のリストとして記載されますがこれも極一部の人しか目にしてません。
また言うなればブラック・リストに記載され7年間程の間ローンやキャッシングが使用不可能な状態となるのですが、これは仕様が無い事でしょう。
あと定められた職につけなくなると言うことがあります。しかしながらこれもごくわずかな限られた範囲の職種なのです。
したがいまして債務超過で返す事ができない借金を抱えこんでいるのであれば自己破産を進めるというのもひとつの手法です。自己破産をした場合これまでの借金が零になり、新しい人生をスタート出来るということで利点の方がより多いと思われます。
又自己破産者は公法上の資格制限として税理士や弁護士や公認会計士や司法書士などの資格はなくなるのです。私法上の資格制限として保証人、後見人、遺言執行者にもなれないでしょう。また会社の取締役等にもなれないでしょう。ですがこれらのリスクはおよそ関係ない時が多いのではないでしょうか。リスクはさほど大きな物ではない筈です。